結婚と人生について

共に歩める心地よさ

2019年11月07日 10時57分



私はすべての人が無理矢理に結婚する必要はないと思っています。
どちらかが我慢を強いられる生活はストレスが溜まり、結婚の本当の良さがわからなくなってしまうからです。

私は人の生き方には大きく二つあると考えています。

一つ目はいろんな世界をみて、体験して、挑戦する楽しさです。
いろんな人と出会い、自分の意見を持ち、主張していくことに価値を置いた生き方です。
一つの場所にとどまらず、自分のおもむくままに行動し、考えて、チャレンジしていくことは新しいことに気づくことができ、自分の人格をよりよいものにしていけます。

二つ目は、出会ったものの中で自分にとって居心地の良いもの、長く愛せるものを見つけて、大切にしていく生き方です。
結婚はこちらに当てはまります。最初に書いたように私は無理に結婚する必要はないと思います。
自分と相性の良い友達を見つけるのも困難だというのに、生涯を共にしたい人と出会えるなんて奇跡のようです。

しかし、大切にしたい人と出会えたら、気があう、何をするのも共に生きていきたい人と出会えたら、それだけで人生は豊かになると思います。
自分の居場所を肯定できるそんな家族をもてたらすごく幸せな気持ちになれます。その後も生きるモチベーションになりより豊かに生きることができるでしょう。
結婚するメリットは、今まで一人で払っていた家賃や消耗品を二人で払うことができるので、一人で負担する量が減りますし、温かい家庭をもつこともできることです。